パーソナルツール

内科(血液)

診療科の紹介対象疾患医師紹介診療実績診療ガイドライン施設認定

診療科の紹介

 血液の病気は、血液をつくる臓器である骨髄や、赤血球、白血球、血小板などの血液細胞の異常によるものです。また、白血球の一種であるリンパ球やリンパ節の病気も含まれます。動悸・息切れ・顔色不良などの貧血症状、紫斑や鼻血が出やすい、血が止まりにくい、発熱が続く、肝臓や脾臓が腫れる、リンパ節が腫れるといった症状がよくみられます。
 血液疾患の多くは簡単な血液検査で見つけることができます。上記の症状などが気にかかる場合はまず「かかりつけ医」にご相談の上、ご受診下さい。

外来診療

◇外来診療の担当医師については、 こちらをご覧ください。(←クリックしてください。)

対象疾患

 主な疾患としては鉄欠乏性貧血、出血性貧血などの貧血症、白血球減少症、血小板減少症などの血球減少症、赤血球が増加する多血症、白血病や悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの造血器腫瘍があげられます。

 

医師紹介

写真職 氏名専門医・認定医などの資格履歴
 鈴木 郁子科長

すずき  いくこ
鈴木 郁子
日本内科学会(総合内科専門医)
日本血液学会(専門医)
平成15年
山形大学卒 
 鈴木 琢磨医長

すずき  たくま
鈴木 琢磨
日本内科学会(認定内科医)平成23年
東北大学卒
平成30年
東北大学大学院卒
医学博士

 

診療実績

 ◇クリニカルインディケーターは、こちらをご覧ください。(←クリックしてください。)
 

診療ガイドライン

 ◇造血器腫瘍診療ガイドライン(2013 日本血液学会)
 ◇WHO血液腫瘍分類 第4版(2008)
 ◇JALSG(日本成人白血病研究グループ)プロトコール
 ◇NCCN(国際がんネットワーク)ガイドライン
 ◇多発性骨髄腫の診療指針 第3版(2012 日本骨髄腫学会)
 ◇造血細胞移植ガイドライン(2010 日本造血細胞移植学会)
 ◇血液製剤の使用にあたって:
  輸血両方の実施に関する指針・血液製剤の使用指針 第4版(2010 厚生労働省)
 ◇がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン(2010 日本緩和医療学会)
 ◇がん告知マニュアル(2004 国立がんセンター) 

 

施設認定

 ◇日本内科学会認定医制度教育病院
 ◇日本血液学会認定医血液研修施設
 ◇日本輸血・細胞治療学会指定施設