パーソナルツール

内科(腎臓・透析)

診療科の紹介対象疾患医師紹介診療実績診療ガイドライン施設認定

診療科の紹介

当院腎臓内科の診療内容は以下の三本の柱をうまく統合させ、継続していくことを目指しています。

1.基礎疾患の徹底的な治療

 腎臓病疾患は自覚症状がなく手遅れになることも少なくありません。学校や職場での検尿異常、血圧の異常について腎臓生検を含めた精密検査を行い、まずきちんとした診断を行います。それにもとづき近年の腎炎治療の動向を敏感に反映した最先端の治療を行います。

2.保存期腎不全を進行させない

 基礎疾患を徹底的に治療した後、腎機能障害の進行をくい止めるためには、血圧の管理(125/75mmHg以下)、低たんぱく食事療法が重要です。計画された食事、ある種の降圧薬、尿毒症物質除去療法との併用で腎不全の進行を可能な限り遅らせることを目指します。

3.安楽な健やかな透析を目指す

 透析療法は近年、体重の設定、透析膜の選択など透析条件を適切に設定すれば安楽で、長生きできる治療になりました。透析の条件を個人差に応じ細かく設定し、楽しく安楽に毎日を過ごしていただくことを目標にします。腹膜透析療法も併せて行います。

外来診療

◇外来診療の担当医師については こちらをご覧ください。(←クリックしてください。)

▲ページ先頭へ戻る

対象疾患

慢性腎臓病、急性腎障害、糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、多発のう胞腎、全身性エリテマトーデス、ANCA関連血管炎等


▲ページ先頭へ戻る



医師紹介

写真職 氏名専門医・認定医などの資格履歴
工藤光介(H26)人工透析室室長
(兼)医長

くどう こうすけ
工藤 光介
日本内科学会(総合内科専門医)
日本透析医学会(専門医)
日本腎臓学会(専門医、指導医)
平成18年
山形大学卒
平成26年
山形大学大学院卒
医学博士
新野 弘樹(H27)医師

にいの ひろき
新野 弘樹
 平成20年
山形大学卒
 1640 亀井 啓太.JPG医師

かめい  けいた
亀井 啓太
日本内科学会(認定内科医)
山形県内科難病指定医
平成23年
山形大学卒
平成29年
山形大学大学院卒
医学博士

▲ページ先頭へ戻る

診療実績

クリニカルインディケーターは、こちらをご覧ください。 (←クリックしてください。)

▲ページ先頭へ戻る

診療ガイドライン

 整備中

施設認定

 ◇日本内科学会認定医制度教育病院
 ◇日本透析医学会教育関連施設