パーソナルツール

神経内科

診療科の紹介対象疾患医師紹介診療実績診療ガイドライン施設認定

診療科の紹介 

 神経内科は、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、多系統萎縮症(MSA)などの神経変性疾患や、ギランバレー症候群(GBS)などの末梢神経障害や、重症筋無力症、多発性筋炎など神経難病が中心となりますが、脳梗塞などの脳血管障害、震えやけいれんなどの不随意運動、頭痛など、神経疾患一般を担当します。心の問題を扱う心療内科とは異なります。
 入院では、ALS、GBS、脳炎、脳症など急性期神経疾患の治療を担当する他に、脳梗塞・脳出血などの脳血管障害の治療を脳神経外科と分担しています。
 特殊治療では、ボツリヌス治療専門外来を行っています。不随意運動に対して神経生理検査などを行ない、ボツリヌス毒素による痙性斜頸、眼瞼けいれん、片側顔面けいれん、上肢痙縮などの治療が可能です。
  神経生理検査では、末梢神経伝導検査(MCV,SCV,FCV)、針筋電図、表面筋電図、瞬目反射、体性感覚誘発電位SEP、経頭蓋磁気刺激による運動誘発電位MEPが可能です。
 
神経内科の診療では、細かい病歴の聴取と神経学的診察が重要です。初診の方には、20~30分の診療時間がかかりますので、午後の予約外来にて診察させていただいております。病歴とくに内服の治療歴が大切ですので、初診の時に診療情報提供書やお薬手帳をお持ちください。

外来診療

神経内科外来:火曜日と木曜日の午前8:45から
神経内科新患外来:火曜日と水曜日と木曜日の午後2時から(予約制)
ボツリヌス治療専門外来:月曜日の午後2時から(予約制)
 外来では、頭痛、平衡障害、不随意運動、歩行障害、麻痺・脱力、感覚障害などの症状を持つ患者さんについて、かかりつけ医の先生と連携して診断・治療を行っています。

◇外来診療の担当医師については こちらをご覧ください。(← クリックしてください。)

▲ページ先頭へ戻る

対象疾患

パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、多系統萎縮症(MSA)などの神経変性疾患や、ギランバレー症候群などの末梢神経障害や、重症筋無力症、多発性筋炎など神経難病
脳梗塞などの脳血管障害、ふるえやけいれんなどの不随意運動、頭痛など、神経疾患一般
 

▲ページ先頭へ戻る

医師紹介


写真職 氏名専門医・認定医などの資格履歴
栗村 正之診療部長(内科系五)
(兼)神経内科科長


くりむら まさゆき
栗村 正之
日本神経学会(専門医、指導医)
日本内科学会(総合内科専門医、認定内科医、指導医)
日本脳卒中学会(専門医)
日本臨床神経生理学会(認定医)
難病指定医
平成元年
山形大学卒
鹿間 幸弘救命救急センター診療部長
(兼)ICU室長


しかま  ゆきひろ
鹿間 幸弘
日本神経学会(指導医、専門医)
日本内科学会(総合内科専門医、認定内科医、指導医)
昭和63年
山形大学卒
平成6年
医学博士

▲ページ先頭へ戻る

診療実績

  ◇クリニカルインディケーターは、こちらをご覧ください。(←クリックしてください。)

▲ページ先頭へ戻る

診療ガイドライン

  ◇ 日本神経学会治療ガイドライン
   ・単純ヘルペス脳炎診療ガイドライン2017
   ・細菌性髄膜炎診療ガイドライン2014
   ・重症筋無力症診療ガイドライン2014
   ・筋萎縮性側索硬化症診療ガイドライン2013
   ・慢性頭痛の診療ガイドライン2013
   ・慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー、多巣性運動ニューロパチー診療ガイドライン2013
   ・ギラン・バレー症候群、フィッシャー症候群診療ガイドライン2013
   ・パーキンソン病治療ガイドライン2011
   ・てんかん治療ガイドライン2010
   ・多発性硬化症治療ガイドライン2010
  ◇ 脳卒中治療ガイドライン2015
  ◇ 高血圧治療ガイドライン2014

▲ページ先頭へ戻る

施設認定

  ◇日本神経学会専門医制度准教育施設
  ◇日本内科学会認定医制度教育病院
  ◇日本脳卒中学会認定研修教育病院