パーソナルツール

化学療法センター

化学療法センター室長あいさつ

  高齢化社会において、日本人の二人に一人が癌に罹患する時代となりました。最近は、抗が 
 ん剤も次々と登場し、化学療法を受ける患者数が増加し、我々医療者は、安全で質の高い化学
 療法を多職種チーム医療として提供していくように心がけております。この化学療法センター
 がその担い手となって、日夜診療を行い、患者様にとって有意義な治療を行っていきたいと考
 えております。

化学療法センターとは

  化学療法センターは、患者様が普段の生活を送りながら通院で抗がん剤治療を行うところで
 す。ここでは医師、看護師、薬剤師がチームを組み、患者様の抗がん剤治療をサポートします。 
 次々と開発される分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤等の登場により、抗がん剤治療の
 成績は飛躍的に向上しています。そしてそれに伴う新しい副作用に対処するため、専門知識を
 もったスタッフ(がん専門薬剤師、がん化学療法看護認定看護師)が常駐しています。さらに当
 院は、厚生労働省より地域がん診療連携拠点病院に指定されており、質の高い医療を提供する
 ため、診療体制を整備しています。

化学療法センターの設備

     
部屋全体1 部屋全体2

 ベッド数:8床
 リクライニングシート:4台

化学療法センターのスタッフ

 センター室長:小澤孝一郎 外科 副院長
 医師:鈴木琢磨 血液内科
 看護師:4名 がん化学療法看護認定看護師(日本看護協会)1名専従
 薬剤師:2名 がん専門薬剤師(日本医療薬学会認定)1名専任
 看護補助者:1名

スタッフ全体

レジメン

  レジメンとは、がん治療において投与する薬剤の種類や量・投与速度・期間・投与順などを時
 系列に示した計画書です。当院における抗がん剤治療は、がん化学療法委員会で承認されたレジ
 メンを選択する方式を採用しています。電子カルテシステムに登録されたレジメンは、スケジュ
 ール、投与量等がシステム的に管理されており、安全性を最優先としています。

登録レジメン一覧 

大腸がん
IRI B法

BEV+FOLFOX6
BEV+FOLFIRI
FOLFOX6
FOLFIRI
CET+IRI
CAPOX
BEV+CAPOX
sLV5FU2
PANI
PANI+FOLFOX6
PANI+FOLFIRI
SOX
CET
CET+FOLFIRI
CET+FOLFOX6
PANI+IRI
BEV+Cape
RAM+FOLFIRI
FOLFOXIRI
BEV+FOLFOXIRI
AFL+FOLFIRI
S-1+IRI+BEV
FTD/TPI+BEV
BEV+CAPIRI
BEV+UFT/LV
weeklyPTX
DTX
nabPTX 3W
S-1+CDDP
S-1+CDDP+Tmab
Cape+CDDP
Cape+CDDP+Tmab
G-SOX
RAM+PTX
RAM
IRI A法
CapeOX
胃がんニボルマブ
胃がんFOLFOX
weekly nabPTX
RAM+ nabPTX
S-1+DTX

乳がん
dosedenseEC 
dosedensePTX 
EC 
FEC 
3wDTX 
wPTX 
TRA 
DTX+TRA 
VNR 
TC
GEM 
BEV+PTX
ERI
nabPTX
TRA+PER+DTX
T-DM1 トラスツズマブエムタンシン
TCH

膵がん
GEM
nabPTX+GEM
FOLFIRINOX
m-FOLFIRINOX
GS療法


胆道がん
GEM
GEM+CDDP
GS

 
血液がん
CHOP
R-CHOP
リツキシマブ
ベンダムスチン
R-ベンダムスチン
GDP
R-GDP
オビヌツズマブ
G-CHOP
G-ベンダムスチン
A-CHP
ブレンツキシマブ ベドチン
A+AVD
ABVD
ABVd_
ボルテゾミブ
エロツズマブ【1-2サイクル】
エロツズマブ【3サイクル以降】
Kd
DLd【1-2サイクル】
DLd【3-6サイクル】
DLd【7サイクル以降】
DBd【1-3サイクル】
DBd【4-8サイクル】
アザシチジン
非小細胞肺がん
ニボルマブ
ペムブロリズマブ
DTX
PEM
GEM
VNR
CBDCA+S1
CBDCA+GEM
CBDCA+nabPTX
デュルバルマブ
アテゾリブマブ+ベバシズマブ
ベバシズマブ
cbdca+ptx
CDDP+PEM+BEV
pem+bev
アテゾリズマブ
ペンブロリズマブ゙+PEM+CDDP
PEM+ペンブロリズマブ
ペンブロ+PTX+CBDCA
アテゾリズマブ+VP16+CBDCA
RAM+DTX
ペンブロリズマブ+PEM+CBDCA

 
泌尿器がん
GC
カバジタキセル
ドセタキセル
ペムブロリズマブ+アキシチニブ
腎がんニボルマブ
腎ニボルマブ+イピリムマブ
尿路上皮がんペムブロリズマブ
婦人科がん
TC
TC +BEV
weeklyPTX
Dose-denseTC
DC
PLD
GEM
CBDCA+GEM
GEM+DTX
CPT-11
NGT療法
BEV
ddTC
Bev+weeklyPTX
PLD+CBDCA
イホスファミド
CDDP
TP療法
AP療法

がん化学療法委員会

  がん化学療法委員会は、医師、薬剤師、看護師、栄養士等で構成されています。新規レジメン
 の採用に際しては、文献、各種ガイドラインを基に審査し、システム登録の是非を検討します。
 より安全で医学的根拠に基づいた抗がん剤治療を提供します。

 がん化学療法委員会委員長 小澤孝一郎 外科 副院長

がん化学療法委員会

抗がん剤調製

  抗がん剤調製は、その分野に精通した薬剤師が担当します。安全性を担保するため、令和元
 年度より抗がん剤調製監査システムを導入しています。抗がん剤投与量、患者確認等は全てシ
 ステム的に管理されており、安全性を最優先としています。
  
調製写真

抗がん剤治療に関する問い合わせについて

  治療内容(レジメン)に関する情報提供、副作用ケアに関する問い合わせ、がんの痛みや精
 神的苦痛に関する相談を受け付けます。
 
  治療内容(レジメン)に関する情報提供 がん専門薬剤師       齋藤浩司  内線8303
  副作用ケアに関する問い合わせ     がん化学療法看護認定看護師 竹田美和子 内線8163
  がんの痛みや精神的苦痛に関する相談  緩和ケア認定看護師     伊藤裕美  内線8164