パーソナルツール

医療連携・相談室のご紹介

医療連携部長あいさつ

公立置賜総合病院では、地域の各医療機関と連携をとりながら、患者さんが継続性のある適切な医療を安心して受けることができるように、医療連携・相談室を設置しております。 

限られた医療資源を有効に活用するため、病院と診療所がお互いの機能を明確にしてそれぞれの機能を分担し、病院完結型でなく地域完結型の医療を目指して行くべきと考えます。そのためには、地域の医療機関と情報共有を綿密にし、医療、介護、薬局も含めた連携を円滑に行う必要があると考えております。

医療連携・相談室は、このように患者さんが良質な医療を継続して受けることができるよう、病院と地域の医療機関との情報の橋渡しを主な仕事としておりますので、各医療機関の積極的なご利用をお待ちしております。また、医療連携に関するご意見がございましたら、患者さんも含めまして医療連携・相談室まで何なりとご連絡ください。
よろしくお願いします。

image002.jpg
医療連携部長 山田昌弘
 

医療連携部長 山田昌弘