パーソナルツール

形成外科

診療科の紹介対象疾患医師紹介診療実績診療ガイドライン施設認定
 

診療科の紹介

 形成外科とは、身体に生じた組織の異常や変形、欠損、あるいは整容的な不満足に対して、あらゆる手法や特殊な技術を駆使し、機能のみならず形態的にもより正常に、より美しくすることによって、みなさまの生活の質 "Quality of Life" の向上に貢献する、外科系の専門領域です。(日本形成外科学会HPより)

外来診療

◇外来診療の担当医師については こちらをご覧ください。(← クリックしてください。)
 

▲ページ先頭へ戻る 

対象疾患

新鮮外傷・新鮮熱傷

 出血に対してはまずキズの上から圧迫してください。
 
やけど(熱傷)をされたらまず流水で冷やしてください。特にお子さんの場合、皮膚の水分量が大人より多く、やけど後の温度が冷めにくく、深くやけどが進行します。そのため、冬でも、まずやけどを負った部分を流水で冷やすことが大切です。テーブルの上の味噌汁やインスタントラーメンに手をかけて体幹をやけどすることもよくあります。その場合も、服の上からでいいので、風呂場でシャワーでしっかりと冷やし、その後寒さ対策をして、病院にご連絡ください。泣いていても、寒くても、患部を冷やすことで、やけどの度合いを低く抑えられます。

顔面骨骨折および顔面軟部組織損傷

 歯科口腔外科医とともに機能、整容両面からチーム医療として治療させていただきます。
 
目の周りを打って、瞼が腫れ、鼻血を伴う場合、決して鼻をかまないでください。花の中(鼻腔内)からの空気が小さな骨折の隙間から、目の周り(眼窩内)に入り込んで、空気の圧によって神経や血管が圧迫されて視力が障害されることがあるからです。鼻をかまず、冷やしながら病院へ来てください。

唇裂・口蓋裂

 新生児検診を行い、出生当初から携わらせていただき、山形大学医学部歯科口腔・形成外科学講座、山形県立こども医療療育センター、開業矯正歯科医らとともに総合診療体制を整えております。

手足の先天異常・外傷
その他の先天異常

 当院では形成外科医が新生児検診での外表異常について出生当初から携わっており、診断から治療、経過についてご家族に情報提供を行い、不安の軽減に努めております。
 核家族化がすすんで、相談できるご家族がそばにいない環境の方が多くなっています。大切なお子さんのことでお悩みがある場合は気軽にご相談ください。

 

母斑・血管腫・良性腫瘍
悪性腫瘍に関連する再建

 多くの外科系診療科とともにご病気に伴う、機能及び整容の復帰に協力しています。
 
乳癌術後のブレスト・インプラント(組織拡張装置(ティッシュエキスパンダー)、ゲル充填人工乳房(インプラント))による再建が保険適応となっています。近日中に施設認定を受け、当院でも二次再建が可能となります。また、ご自身の腹部や背部の組織による自家組織乳房再建も保険で可能です。

瘢痕・瘢痕拘縮・肥厚性瘢痕・ケロイド

 けが、外傷後のキズあと、外科手術後のキズあとでお悩みの際は当科を受診してください。軟膏、テープ貼付、シリコーンジェルシート療法、ステロイド局所注入、外科的切除・修正、電子線照射など創の状態に応じて治療させていただきます。

褥瘡・難治性潰瘍

 床ずれ、特に車いすを利用されている脊髄損傷の方の殿部、坐骨部、仙骨部、足部の褥瘡について、車いすの適正調整から下肢の痙性や脊椎の形状に応じた治療を目指しています。

その他

 足趾の巻き爪、陥入爪などによるトラブル。
 
糖尿病の方の足部のトラブルについては糖尿病看護認定看護師とともに、チームで診させていただきます。

医師紹介

写真職 氏名専門医・認定医などの資格履歴
菊地 憲明 診療部長(外科系四)
(兼)形成外科科長

きくち のりあき
菊地 憲明
日本がん治療認定医機構(認定医)
日本形成外科学会(専門医)
日本熱傷学会(専門医)
日本整形外科学会(専門医)
日本手外科学会(専門医)
山形県形成外科難病指定医
平成3年
山形大学卒



▲ページ先頭へ戻る


診療実績





診療ガイドライン

日本形成外科学会、日本創傷外科学会、日本頭蓋顎顔面外科学会(三学会合同ガイドライン)
 形成外科診療ガイドライン・皮膚疾患
  第I編 皮膚軟部腫瘍、第II編 母斑・色素性疾患(レーザー治療)

 形成外科診療ガイドライン・急性創傷/瘢痕ケロイド
  第I編 急性創傷、第II編 感染創,第III編ケロイド・肥厚性瘢痕
 形成外科診療ガイドライン・慢性創傷
  第I編 慢性創傷
  
形成外科診療ガイドライン・頭蓋顎顔面疾患(主に先天性)
  第I編 口唇・顎・口蓋裂・その他の顔面先天異常、第II編 耳介先天異常、
III編 眼瞼、
  第IV編 頭蓋(骨)縫合早期癒合症
 形成外科診療ガイドライン・頭蓋顎顔面疾患(主に後天性)
  第I編 顔面外傷、第II編 顔面変形(骨切り手術)
 形成外科診療ガイドライン・頭頸部・顔面疾患
  第I編 頭頸部再建、第II編 顔面神経麻痺、第III編 眼瞼下垂症
 形成外科診療ガイドライン・体幹・四肢疾患
  第I編 乳房再建、第II編 腋臭症、第III編漏斗胸、第IV編 臍ヘルニア・突出症、
  第V編 四肢先天異常、第VI編四肢再建、第VII編 殿部・外陰部再建

日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会、日本形成外科学会、日本乳癌学会の連携による「乳癌および乳腺腫瘍術後の乳房再建を目的としたゲル充填人工乳房および皮膚拡張器に関する使用要件基準」

施設認定