パーソナルツール
ホーム > 診療科・部門のご案内 > 診療科のご案内 > リハビリテーション科

リハビリテーション科

 当科は、主に神経・筋・骨格系等に何らかの問題を抱えている方に対して、各科連携のもと、治療的訓練を実施する診療科です。
 外傷や脊椎・関節を主とする運動器疾患、脳卒中などの中枢神経疾患に対してリハビリテーションを行っております。さらに、呼吸器疾患、心臓器疾患、糖尿病患者、がん患者に対するリハビリテーションも実施しております。
 当科の特徴としては、次のようなものがあります。

  1. 筋力を分析するバイオデックスやトレッドミル、体組成計Inbodyなど客観的な測定結果に基づいた訓練が実施できるよう、評価、訓練機器を設置しております。
  2. 物理療法の機器として、温熱療法及び電気刺激装置を整えています。
  3. 日常生活動作の訓練機器として、入浴装置や和室昇降装置、リハビリ庭園などで早期から患者さんの自宅や生活環境に近い状態を設定し、日常生活動作訓練を行うことが可能です。

 移動・身の回りの動作・コミュニケーションなどの障害に対して、機能回復を促し、残存能力を最大限に引き出すための治療を行い、患者さんが家庭復帰や社会復帰ができるように援助しています。


 リハビリテーション部の案内については、こちらをクリックしてください。

▲ページ先頭へ戻る



医師紹介

写真職 氏名専門医・認定医などの資格履歴
松木 宏史診療部長
(リハビリテーション科)
(兼)リハビリテーション科科長

まつき ひろし
松木 宏史
日本整形外科学会
(専門医、運動器リハビリテーション医)
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会会員
日本人工関節学会会員
東日本整形災害外科学会会員
東北整形災害外科学会会員
平成7年
山形大学卒