パーソナルツール

地域医療体験セミナー

地域医療体験セミナー

平成27年7月28日(火曜日)に山形県立保健医療大学の学生さん10名が参加し、地域医療体験セミナーを行いました。午前中は、認定看護師や医療連携、医療安全管理室の専従看護師とともに看護体験、見学を行いました。午後からは、院内見学やIVナースのミニ体験、先輩看護師を囲んでの懇談会でした。
「どうして認定看護師になろうと思ったのですか?」「(感染管理認定看護師と)学校で習ったので環境調査を実践できて楽しかったです」「(白内障と網膜症のメガネを体験して)こういう見え方なんですね、びっくりしました」など質問や反応もイキイキ! 話している私たちもうれしくなってきました。
懇親会では、「学生から看護師になってのギャップで苦しんだことは?」「なぜこの病院に就職すると決めたのですか?」「宿舎はどうなっていますか?」「実家から通ったほうが良いですか?アパートや宿舎を借りたほうが良いですか?」「臨床実習はどうすると乗り切れますか?」などの質問があり、楽しく意見交換しました。
山形県立保健医療大学の学生の皆さん、楽しい1日をありがとうございました。

(人材確保定着担当看護師長 井渕奈緒美)

copy_of_1.jpg
酸素ボンベのラウンドです。安全に管理されているかチェックします。

copy_of_2.jpg
研修の一部を実習してみました。

43.jpg
眺めているのはリハビリ公園です。見晴最高!
 

4.jpg
卒業生から後輩へ報告しました。

5.jpg
医療安全部での業務内容をお勉強中。