パーソナルツール

リハビリテーション部のご案内

1.スタッフ紹介

リハビリテーション室長   松木 宏史
副  技  師  長    井上 健
     
   
常勤スタッフ
 医師2名
 理学療法士10名
 作業療法士5名
 言語聴覚士3名
 医療クラーク2名
 リハ助手1名
 

有資格者
 

・神経系認定理学療法士(脳卒中)  1名
・内部障害系認定理学療法士(呼吸) 1名
・内部障害系認定理学療法士(代謝) 1名
・3学会合同呼吸療法認定士      3名
・NST専門療法士          1名
・心臓リハビリテーション指導士   1名
・転倒予防指導士          1名
・リンパ浮腫指導技能者       1名
・リンパ浮腫セラピスト       1名

2.業務紹介

リハビリテーション部門は専門の理学療法士・作業療法士及び言語聴覚士が診療にあたります。
主に脳血管障害(脳卒中)・骨折後の機能訓練、職場復帰を目指す訓練、病棟の看護師・医師も含めたチーム医療を充実させ、患者さまと共に障害に立ち向かっていけるよう日々リハビリテーションの知識や技術の習得を目指してがんばっています。

▲ページ先頭へ戻る

3.理学療法部門紹介

■理学療法とは病気・ケガ・寝たきりなどによって身体が不自由となった人々に対し、身体と心の両面から機能回復・維持を図る医療の一つです。実際には各個人の状態を調べて全体像(身体機能・心理面・リスクなど)をつかみ、適切な治療方法・目標を設定後、治療を進めていく医療です。治療内容は各種運動療法、物理療法、日常生活動作訓練に大別されます。

■理学療法スペースは約300㎡の広さを完備しており、理学療法室内でも十分な歩行訓練が行えます。

bumon_reha2.jpg
理学療法室

■一人ひとりの患者さまに適した治療により、社会復帰のお手伝いをさせていただきます。担当スタッフが、最新の知識と技術をもって治療にあたります。

bumon_reha3.jpg
歩行訓練
bumon_reha4.jpg
関節可動域訓練

■骨、関節疾患の術後のリハビリテーションにはクリティカルパスを導入して行っています。
■呼吸器疾患、代謝疾患(糖尿病)のリハビリテーションを行っています。

主な理学療法機器

bumon_reha5.jpg
バイオデックス システム3
bumon_reha6.jpg
バイオデックス トレッドミル
bumon_reha7.jpg
アクティブバランサー
bumon_reha8.jpg
エルゴメーター
bumon_reha9.jpg
各種物理療法機器

▲ページ先頭へ戻る

4.作業療法部門紹介

■作業療法とは病気や事故のため、身体に障害を持った方々に対し、今後の生活に応じた作業活動を用いて治療します。また、障害があっても残された機能を最大限活用し、日常生活動作(食事,更衣,排泄,入浴,整容等)、日常関連動作(地区行事への参加等)、職業復帰を目指した治療を行います。

bumon_reha10.jpg
作業療法室

■作業療法では、いろいろな作業活動を用いて治療を行って生きます。この作業活動は、手工芸などの生産活動だけでなく、日常生活動作やゲーム・遊びなどの人の生活全面にわたる広範囲なものです。当院では、専門の作業療法士が、一人一人の患者さんの状態を把握し、その人にとって何が一番大切か、また、どんな能力が必要かを判断し、今後の生活を十分に考えた治療をさせていただきます。

ADL
ADL訓練
巧緻動作
巧緻動作訓練
■手の怪我等、整形疾患に対しても、専門の技術で治療を行っております。場合によっては、手の装具療法(スプリント療法)も取り入れております。bumon_reha13.jpg

■作業療法スペースは約150㎡であり、その中に、作業療法スペース、ADL室、重作業室、和室があります。

bumon_reha14.jpg和室昇降機
患者さまのご自宅に合わせた高さ設定が可能であり、床上動作(床から立ち上がる等)段差の訓練等が可能です。
bumon_reha15.jpgキッチン昇降機
調理動作の練習時に使用します。車椅子のかたも使用できるよう、高さを変えた訓練が可能です。
bumon_reha16.jpgトイレ昇降機
患者さま一人一人に合わせた便座の高さ、手すりの位置が設定でき、今後自宅に帰ってから家屋改造等の参考にできます。
bumon_reha17.jpg入浴装置
患者さまの自宅の入浴条件を設定した訓練が可能です。
bumon_reha18.jpg重作業室
体力をつけたい、細かい指先の動きを獲得したい等の時、手工芸、木工等の作業を行います。

▲ページ先頭へ戻る

5.言語聴覚療法部門紹介

■言語聴覚療法は病気または事故など様々な原因により、コミュニケーションの障害(言語障害・聴覚障害など)を持つ人々や食べることに障害(摂食・嚥下障害)を持つ人々に対して、機能回復・維持を目的とし訓練・指導・助言・その他援助を行います。

bumon_reha21.jpgbumon_reha22.jpg
言語訓練嚥下訓練

▲ページ先頭へ戻る

6.リハビリ公園紹介

■リハビリテーション室からリハビリ公園に出ることができます。

bumon_reha19.jpg
リハビリテーション室から見た景色

■実際に屋外の訓練ができ、散策コースは1周約1km。その中にスロープ(傾斜角4°以内)、悪路(砂利、砂地、階段)等も備え、あらゆる条件下で訓練ができるよう設定しております。

リハビリ公園
散策コース