パーソナルツール
ホーム > 当院からのお知らせ > 平成29年度 病院情報の公表
 

平成29年度 病院情報の公表

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 349 124 180 320 449 759 1931 2345 2134 584

集計期間(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)に一般病棟を退院した患者さんの人数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。年齢は、入院した時点での満年齢で集計しています。
入院患者さんは各世代に分布していますが、地域の高齢化を反映し60歳以上の入院患者さんの割合が全体の約76%を占めています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 副傷病なし 105 11.99 10.61 0.00% 77.24  
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 処置2なし 81 10.41 8.73 0.00% 74.31  
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 処置2なし 54 10.26 9.06 1.85% 70.94  
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 52 8.52 7.87 0.00% 63.38  
060060xx97100x 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 その他の手術 処置1:限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 副傷病なし 43 14.23 15.55 4.65% 79.49  
腸腫瘍/ポリープに対する内視鏡治療は、多くは外来治療として行われますが、サイズが大きいものや抗血栓薬の休薬のリスクを減らす目的で入院にて受けていただく方もおられ、消化器内科の入院治療疾患群数の上位を占めます。より難易度の高い内視鏡治療となる、早期胃癌に対する内視鏡的胃粘膜下層剥離術(ESD)の症例が第2位になります。これらはクリニカルパスでの治療が可能なのに対して、総胆管結石や癌に関わる胆管炎、閉塞性黄疸といった胆道系疾患に対する内視鏡治療は更に高い技術を要し、パスにのせた治療も難しい現状があります。この疾患群が第1位となります。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 188 3.94 4.62 0.53% 73.37  
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 処置1:心臓カテーテル法による諸検査 処置2なし 副傷病なし 185 3.11 3.03 0.00% 70.37  
050210xx97000x 徐脈性不整脈 その他の手術 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 62 9.74 11.21 1.61% 80.40  
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの等 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 48 3.21 5.68 0.00% 78.98  
050030xx97000x 急性心筋梗塞、再発性心筋梗塞 その他の手術 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 37 16.73 12.72 8.11% 72.59  
循環器内科の最も多い症例は狭心症などに対する心臓カテーテル治療のための入院と、治療前、治療後の心臓カテーテル検査のための入院で、これらを合わせると循環器内科の症例数の約4割となっています。患者用パスも整備されており、心臓カテーテル治療や検査のために入院する患者さんへ入院中の経過等をわかりやすく説明できるようにしています。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1:気管支鏡検査、気管支カメラ等 処置2なし 118 4.31 3.59 0.85% 71.59  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 副傷病なし 114 19.57 20.83 28.07% 84.59  
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 副傷病なし 108 14.40 11.99 0.00% 69.60  
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 88 14.27 12.23 14.77% 75.55  
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 処置2なし 82 21.76 19.65 7.32% 68.20  
癌で最も増加しているのが肺癌です。気管支鏡検査入院、肺癌に対する化学療法入院が多くなっています。肺癌の他には、間質性肺炎、誤嚥性肺炎の患者さんが多くなっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害 1500g以上2500g未満 手術なし 処置2なし 38 11.95 11.49 0.00% 0.00  
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害 2500g以上 手術なし 処置2なし 副傷病なし 37 9.43 6.18 2.70% 0.00  
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症 副傷病なし 31 6.29 5.94 0.00% 1.39  
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 28 4.04 5.50 0.00% 4.64  
040100xxxxx00x 喘息 処置2なし 副傷病なし 23 6.09 6.32 0.00% 3.78  
小児科では低出生体重で産まれた新生児や急性気管支炎、気管支喘息発作といった小児呼吸器疾患の症例が多くなっています。小さなお子さんへの呼吸器治療や低出生体重児への様々なサポートも行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 76 9.82 7.01 2.63% 48.42  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 71 9.13 8.98 0.00% 72.69  
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 49 7.73 7.40 0.00% 61.02  
060035xx01000x 結腸の悪性腫瘍 結腸切除術 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 42 15.40 15.61 0.00% 69.24  
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 処置2なし 36 17.97 17.27 8.33% 72.28  
虫垂炎の患者さんに対する抗生剤の使用等による保存的治療を主体に行っており、症例数が多くなっています。また、外科では消化器系、乳腺などに対する手術のほか、手術前および手術後の化学療法、手術後のフォローなど、治療部位や治療内容ごとに多種多様な症例が存在します。このような理由から症例数上位5位までを合計しても全症例数の約24%に留まります。また、ほとんどの手術症例については患者用パスが整備され、入院中の経過等をわかりやすく説明できるようにしています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 217 19.54 27.09 76.96% 83.20  
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症 人工関節再置換術等 55 24.49 23.14 5.45% 70.42  
160760xx97xx0x 前腕の骨折 その他の手術 副傷病なし 40 3.40 5.21 2.50% 58.35  
070230xx01xxxx 膝関節症 人工関節再置換術等 29 24.41 25.09 0.00% 75.48  
160990xx97x0xx 多部位外傷 その他の手術 処置2なし 29 22.03 18.54 34.48% 66.34  
整形外科では大腿骨頚部骨折による手術症例が最も多くなっています。大腿骨頚部の骨折は高齢の患者さんに多く、患者さんの多くは継続したリハビリを目的として転院するため、転院率が高くなっています。大腿骨頚部骨折は地域連携パスの利用が早くから進んでおり、スムーズな転院が可能となっています。
また、股関節や膝関節の手術症例も多くなっています。整形外科では多くの疾患で患者用パスが整備されており、リハビリの進行状況や退院日までのイメージを患者さんにわかりやすく説明できるようにしています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 35 26.94 19.10 65.71% 74.74  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 32 12.47 9.68 6.25% 75.66  
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 30 16.13 16.38 0.00% 70.83  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 26 13.81 7.34 26.92% 66.12  
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 3、4又は5 19 26.84 20.20 94.74% 69.32  
脳神経外科、神経内科、総合診療科では共通して脳梗塞に対する治療が多くなっています。救命救急センターに搬送された患者さんへは正確な診断のもと適切な治療が行われています。脳梗塞の症例では脳卒中地域連携パスの利用が進んでおり、継続してリハビリ等を行うため転院率が高くなっています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 20 17.80 16.38 40.00% 68.15  
   
   
   
   
脳神経外科、神経内科、総合診療科では共通して脳梗塞に対する治療が多くなっています。救命救急センターに搬送された患者さんへは正確な診断のもと適切な治療が行われています。脳梗塞の症例では脳卒中地域連携パスの利用が進んでおり、継続してリハビリ等を行うため転院率が高くなっています。
総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990410 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 1あり 発症前Rankin Scale 3、4又は5 25 24.92 22.35 84.00% 86.20  
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 3、4又は5 23 22.78 20.20 60.87% 85.74  
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 10 14.20 16.38 0.00% 84.40  
   
   
脳神経外科、神経内科、総合診療科では共通して脳梗塞に対する治療が多くなっています。救命救急センターに搬送された患者さんへは正確な診断のもと適切な治療が行われています。脳梗塞の症例では脳卒中地域連携パスの利用が進んでおり、継続してリハビリ等を行うため転院率が高くなっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり 12 2.00 3.32 0.00% 71.25  
   
   
   
   
眼科で最も多いのは白内障手術のための症例ですが、白内障手術はDPCの診断群分類の対象外のため集計していません。
白内障の次に眼瞼内反症などに対する手術目的の症例が多くなっています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 34 13.06 9.91 0.00% 45.53  
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 処置2なし 23 15.57 20.41 4.35% 31.78  
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む) 腹腔鏡によるもの等 22 7.91 6.37 0.00% 39.36  
120140xxxxxxxx 流産 16 2.88 2.43 0.00% 32.75  
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 15 3.60 3.05 0.00% 46.93  
産婦人科では子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮内膜ポリープに対する手術症例が多くなっています。また、切迫早産による入院も多くなっています。周産期の領域から婦人科腫瘍の領域、また生殖内分泌の領域や女性のヘルスケアの領域までのさまざまな疾患や症状に対応しています。産婦人科ではほとんどの疾患で患者用パスが整備されており、入院中の経過等をわかりやすく説明できるようにしています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 71 5.86 5.48 0.00% 40.10  
030428xxxxxxxx 突発性難聴 44 6.48 9.18 0.00% 62.43  
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 42 7.98 7.23 0.00% 53.93  
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 38 4.37 5.15 0.00% 68.26  
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 17 8.94 8.01 0.00% 15.41  
耳鼻咽喉科では急性扁桃炎、急性喉頭炎の症例が最も多くなっていますが、突発性難聴、めまいといった症例も多く、幅広い疾患に対して診療を行っています。突発性難聴、慢性副鼻腔炎の手術、慢性扁桃炎の手術には患者用パスが整備されており、手術予定または急に入院となった患者さんの不安を少しでも軽減できるよう、入院中の経過等をわかりやすく説明できるようにしています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 68 8.51 12.34 5.88% 74.46  
110060xx99x20x 腎盂・尿管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 49 5.98 11.29 2.04% 66.37  
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 39 8.82 7.64 0.00% 77.64  
110310xx01xx0x 腎臓または尿路の感染症 経皮的腎(腎盂)瘻造設術等 定義副傷病 なし 32 9.50 14.59 0.00% 79.22  
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 24 4.71 5.75 0.00% 63.92  
急性腎盂腎炎など尿路感染症による入院が多く、次いで腎盂癌、尿管癌の化学療法、膀胱癌の経尿道的手術、尿管結石症などに対する経尿道的尿路結石除去術の順となっております。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 19 2.21 3.58 0.00% 62.84  
   
   
   
   
薬物中毒(その他の中毒)の約7割が蜂刺症によるものです。ショック状態で救命救急外来へ来院され、そのまま1泊2日での経過観察入院となる例が多くなっています。時期的に7月から9月にかけての入院が多くなっています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 その他の手術 処置2なし 46 10.65 12.35 0.00% 67.80  
   
   
   
   

呼吸器外科では肺癌手術目的の症例が多く、約9割が胸腔鏡による手術となっています。胸腔鏡手術では患者さんの体の負担が少なくなりますので、早期の退院が可能となっています。手術については別に「6.診療科別主要手術別患者数等」にも集計されていますので参照ください。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 112 24 29 44 37 41 1 7
大腸癌 34 44 67 48 47 26 1 7
乳癌 34 44 10 13 15 1 7
肺癌 37 15 79 137 33 34 1 7
肝癌 13 15 19 49 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌と呼ばれる胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さんの人数を初発(UICC TNM分類による病期分類別)および再発に分けて集計しています。実患者数ではなく、一連の治療期間に繰り返し入退院された場合は入院ごとの集計となっています。患者数が10人未満の場合は「-(ハイフン)」で表示しています。
初発の患者数は肺癌、胃癌、大腸癌の順で多くなっています。再発は当院での治療後の症例のほかにも、他施設で治療後の症例も含んでいます。病期分類に必要な情報が確認できない場合は「不明」として集計しています。なお、Stage「0期」は集計対象外となっています。
胃癌は早期であるstageⅠの症例が約半数となっていますが、stageⅣの症例も少なくはありません。また肺癌ではstageⅣの症例が約半数となっています。部位、ステージ別に患者さんの状態や希望に応じた手術(内視鏡手術、腹腔鏡手術、開腹手術)や化学療法、放射線治療など幅広い治療を実施しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

 
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 16 8.88 49.00
中等症 95 14.64 79.79
重症 41 19.63 81.90
超重症 10 25.40 86.30
不明
市中肺炎とは、社会生活の中でかかる肺炎のことをいいます。
肺炎の重症度とは尿素窒素(BUN)、動脈血酸素飽和度(SpO2)、血圧の値及び意識障害、免疫不全状態、肺炎重症度規定因子を基準に沿って評価したものになります。
当院では中等症の割合が多く、全体の約6割を占めています。

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード

発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
3日以内24622.8177.2747.99%
その他2716.7069.891.83%
脳梗塞を発症日から3日以内、その他に分けて集計しています。
約9割が発症後3日以内の症例となっています。平均して23日程度の入院期間で治療とリハビリを行い、約半数の方が他病院に転院されています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

消化器内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7211内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満)1131.351.260.00%69.48 
K688内視鏡的胆道ステント留置術952.4814.364.21%80.43 
K6532内視鏡的胃ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術)801.468.310.00%74.80 
K654内視鏡的消化管止血術491.6310.126.12%72.14 
K6851内視鏡的胆道結石除去術(胆道砕石術を伴うもの)360.9211.220.00%76.86 
『2.診断群分類別患者数』の項を先にご参照ください。大腸ポリープの内視鏡治療は、件数こそ多いですが、難易度の低くない治療も多く含まれます。一方、癌による閉塞性黄疸の治療である胆道ステント留置術、早期胃癌に対する内視鏡的胃粘膜下層剥離術(ESD)は難易度の高い手技であり、ほぼ同数で第2位3位となっています。
また、出血性胃潰瘍、出血性十二指腸潰瘍などによる救急時の止血術も多くなっています。
循環器内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K5493経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの)1361.601.930.00%73.42 
K5972ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合)671.879.665.97%79.97 
K616四肢の血管拡張術・血栓除去術591.312.141.69%79.29 
K5491経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの)370.0316.5713.51%72.24 
K5463経皮的冠動脈形成術(その他のもの)360.922.475.56%74.94 
循環器内科では狭心症などに対する経皮的冠動脈ステント留置術といった心臓カテーテル治療の症例数が多くなっています。
心臓カテーテル治療は腕や足の血管から心臓まで管を通して病変を治療する方法です。入院したその日に緊急で行う場合や検査と同時に行う場合、検査から日数を空けて行う場合など患者さんの状況にあわせて様々なタイミングで手術が行われています。
内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K616-4経皮的シャント拡張術・血栓除去術820.551.450.00%69.67 
K610-3内シャント設置術525.1314.123.85%67.75 
 
 
 
シャントとは、動脈と静脈の血管を結合させ、静脈にたくさんの血液が流れるように手術で直接つなぎあわせたもので、慢性腎不全で血液透析を行っている患者さんはこのシャントを使用し十分な量の血液を短時間できれいにできるようになります。しかし長い期間、治療により繰り返し使われたシャントは血栓などで内側が狭窄したり閉塞したりして透析が良好に行われなくなってしまうことがあります。使用不可になれば新しくシャントを再建する必要がありますが、シャントに使用可能な静脈は限られているため、一度作成したシャントはできるだけ長く使うことが必要になります。
外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6335ヘルニア手術(鼠径ヘルニア)851.412.811.18%66.27 
K672-2腹腔鏡下胆嚢摘出術821.786.681.22%62.35 
K6113抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)672.8513.041.49%65.30 
K719-3腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術363.3311.560.00%68.36 
K7193結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術)269.9220.7715.38%75.54 
胃、大腸の手術も年間100例近く行っておりますが、鼠径ヘルニア手術も多数行っています。鼠径ヘルニアの手術は最近腹腔鏡下手術を行う施設も増えていますが、当院は大多数が前方アプローチ法で行っており、一部腹腔鏡手術となっています。
胆のう炎や胆石症などの胆のう疾患に関しても腹腔鏡での手術が多く行われています。手術後の疼痛の軽減など患者さんの負担を少なくして早期退院ができるように努めており、胃、結腸癌に対しても腹腔鏡での手術が多く行われています。外科ではほとんどの手術症例に患者用パスが整備されており、入院中の経過等をわかりやすく説明できるようにしています。
整形外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0461骨折観血的手術(大腿) 等1830.9917.3767.21%81.58 
K0821人工関節置換術(股) 等891.3722.214.49%71.99 
K0811人工骨頭挿入術(股)591.4418.1286.44%80.39 
K0462骨折観血的手術(前腕) 等571.009.5819.30%63.42 
K0463骨折観血的手術(膝蓋骨) 等221.6416.1836.36%63.68 
整形外科では手術症例の約半数を大腿骨頚部・転子部骨折、股関節症、膝関節症の患者さんが占めています。
大腿骨頚部・転子部骨折は高齢の患者さんに多く、患者さんの多くは継続したリハビリを目的として転院するため、転院率が高くなっています。地域連携パスの利用が早くから進んでおり、スムーズな転院が可能となっています。
また整形外科で行われる手術の多くには患者用パスが整備されており、入院中の経過等をわかりやすく説明できるようにしています。
脳神経外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K164-2慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術292.3410.9713.79%75.55 
K1771脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所)142.2142.2150.00%65.93 
 
 
 
脳神経外科で最も多い手術は慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術です。慢性硬膜下血腫に対して頭蓋から血腫を洗浄除去する手術です。
心臓血管外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6171下肢静脈瘤手術(抜去切除術)160.001.000.00%62.94 
K6173下肢静脈瘤手術(高位結紮術)140.001.000.00%64.50 
 
 
 
心臓血管外科では手術症例の約半数が下肢静脈瘤手術となっています。2日間の入院で治療します。
産婦人科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K867子宮頸部(腟部)切除術390.002.080.00%39.85 
K877子宮全摘術362.1410.000.00%47.81 
K8882子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの)301.935.170.00%38.03 
K872-3子宮内膜ポリープ切除術121.331.580.00%48.25 
K861子宮内膜掻爬術101.000.300.00%59.20 
産婦人科で最も多い手術は子宮頸部(腟部)切除術です。子宮頸部を円錐状に切除して診断や治療を行います。
産婦人科で行われるほとんどの手術には患者用パスが整備されています。予定入院で手術を行う患者さんへは手術が決定すると外来から患者用パスを使用しています。あらかじめ入院中の経過等を説明することで患者さんの不安の軽減に努めています。
眼科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K2821ロ水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの)2171.001.020.00%74.48 
K2172眼瞼内反症手術(皮膚切開法)110.001.000.00%71.18 
 
 
 
眼科では、手術症例の約9割が白内障に対する手術である水晶体再建術となっています。両眼に白内障を患っている患者さんは片眼の手術後に一旦退院し、後日再入院して反対側の眼の手術を受けられています。入院日数は3日間です。
耳鼻咽喉科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K340-6内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術)262.585.690.00%53.00 
K3772口蓋扁桃手術(摘出)242.258.960.00%12.96 
K340-5内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)192.325.000.00%61.84 
K3932喉頭腫瘍摘出術(直達鏡によるもの)153.274.930.00%63.20 
K309鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術112.181.180.00%5.45 
耳鼻咽喉科で最も多い手術は慢性副鼻腔炎などに対する内視鏡下副鼻腔手術です。慢性副鼻腔炎では炎症によって副鼻腔内の粘膜が腫れて鼻腔と空気の通り道が塞がっています。手術により、その通り道を広く開け、腫れた粘膜を切除して本来の鼻に近い状態をつくります。次に多いのが慢性扁桃炎などに対する口蓋扁桃手術です。急性炎症のない時に行うことが一般的です。
泌尿器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K8036イ膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの)581.226.810.00%77.26 
K783-2経尿道的尿管ステント留置術510.258.923.92%80.06 
K7811経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの)221.272.640.00%62.32 
K8411経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用のもの)211.005.620.00%71.76 
K773腎(尿管)悪性腫瘍手術172.8811.765.88%74.35 
泌尿器科で最も多い手術は膀胱癌に対する経尿道的膀胱悪性腫瘍手術で、尿道から内視鏡を挿入して腫瘍を切除します。経尿道的尿管ステント留置術とは何らかの原因(尿路結石や腫瘍など)によって狭くなったり、閉塞した尿管(腎臓と膀胱を繋ぐ尿の通り道)の状況を改善する目的で行われる治療です。原因が尿路結石の場合、経尿道的尿路結石除去術にて根本的治療を行います。当院ではレーザーを使用した手術を行っております。経尿道的前立腺手術とは前立腺肥大症に対して行われる手術です。この手術を行うことで前立腺肥大症の内服治療を終えることが可能です。腎(尿管)悪性腫瘍手術とは腎臓や尿管に出来た悪性腫瘍に行われる手術です。
呼吸器外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K514-23胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの)212.867.520.00%66.00 
K5131胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの))124.087.830.00%44.33 
K514-21胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除)102.704.600.00%66.60 
K514-22胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除)102.707.600.00%70.40 

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一120.13%
異なる220.24%
180010敗血症同一250.27%
異なる230.25%
180035その他の真菌感染症同一
異なる
180040手術・処置等の合併症同一1531.67%
異なる130.14%
臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして、集計対象の4つの傷病名の発生率を入院の契機となった傷病名と医療資源を最も投入した傷病名が同じか異なるかで集計しています。
入院契機が同一とは合併症等に対する治療を目的に入院した症例のことで、入院契機が異なるとは合併症等以外の治療を目的に入院し、入院後に合併症等の治療が主になった症例のことです。
このうち、当院では「手術・処置等の合併症」が最も多くなっています。「手術・処置等の合併症」とは具体的に透析シャント狭窄、透析シャント閉塞、術後感染症、治療後の出血等です。
手術・処置の合併症はどのような術式、どのような患者さんでも一定の確率で起こり得るものであり、医療ミスとは異なるものです。