パーソナルツール
ホーム > 病院のご案内 > 病院概要・沿革・周辺地域

病院概要・沿革・周辺地域

病院概要

病院概要図  
 

高度医療を提供する拠点病院


4疾病(「がん」「脳卒中」「急性心筋梗塞」「糖尿病」)による死亡率は、山形県平均は全国平均より高く、さらに置賜地域の平均は県平均よりも高くなっています。特に糖尿病による死亡率は、県内で置賜地域が最も高くなっています。また、置賜地域は、高齢化が進んでいる地域でもあり、今後はお年寄りの慢性疾患が増加することが予想されます。
これらの疾病に対処するため、公立置賜総合病院は、優秀な医療スタッフと最新鋭の高度医療機器を配置し、21世紀における置賜地域の医療体制の拠点となる病院です。
 

救命救急センターの設置


公立置賜総合病院には、高度な医療を身近に受けられるよう「救命救急センター」が併設されています。
「救命救急センター」とは、脳卒中、急性心筋梗塞、頭部損傷等の救急患者をいつでも受け入れられるよう、24時間体制で対応する施設です。専門の医師や看護婦が常時待機しています。
また、サテライト医療施設と救命救急センターが連携して救急医療を行なうことにより、急な病気や不慮の事故の場合でも安心して医療が受けられます。
 

サテライト医療施設との連携


高度・救命医療は公立置賜総合病院が行ない、サテライト医療施設は住民のより身近な医療施設として、初期医療や慢性期の治療を行ないます。また、一部の診療科では公立置賜総合病院の医師がサテライト医療施設において診察を行なうなど、継続した治療を行なうことも可能となります。
さらに、共通診察カードの発行、情報ネットワークの構築による患者情報の共有化など、患者さんの利便性に配慮した運営を行ないます。

▲ページ先頭へ戻る

理念・運営方針

病院理念

 「心かよう 信頼と安心の病院」

運営方針

  1. 患者本位の医療を展開いたします。

  2. 高度・救急医療を提供いたします。

  3. 健全経営の確保に努めます。

  4. 人材を育成いたします。

  5. 地域連携の推進に努めます。

  6. 快適な医療環境を提供いたします。

▲ページ先頭へ戻る

沿革

公立置賜総合病院の整備等に関する経緯

平成5年

9月

置賜地域医療懇話会の設置

平成6年

3月

置賜地域における高度医療整備の在り方について(報告書)

4月

置賜地域広域病院等整備推進協議会の設置

平成7年

2月

公立置賜総合病院等整備基本構想(報告書)

3月

公立置賜総合病院等整備基本計画(報告書)

4月6日

置賜広域病院組合設立準備委員会の設立

8月17日

建設用地の決定

10月16日

置賜広域病院組合設立許可申請(5構成団体→自治大臣)

11月15日

置賜広域病院組合 設立許可(自治大臣)

11月17日

構成団体代表者会議(正副管理者の選任)

11月22日

置賜広域病院組合設立準備委員会の解散

12月

組合議会議員の選挙(各構成団体議会)

12月25日

基本設計の発注

平成8年

1月25日

組合議会臨時会(初議会)

11月1日

敷地粗造成工事

11月11日

実施計画の発注

平成9年

6月26日

敷地造成(第1工区) 着工

8月1日

埋蔵文化財発掘調査

11月17日

管理者の交替(長井市長→南陽市長)

平成10年

1月29日

敷地造成(第2工区) 着工

1月30日

本館工事契約締結(組合議会臨時会)
情報システム開発着手

1月31日

本館新築(建築・給排水衛生設備・空気調和設備・電気設備) 工事着工

3月14日

本館新築工事起工式

11月1日

坪井昭三医療監就任

平成11年

2月12日

外構・緑化工事着工

9月25日

本館新築工事上棟式

11月17日

管理者の交替(南陽市長→川西町長)

平成12年

1月18日

公立置賜総合病院の開院日公表(組合議会臨時会)

4月1日

置賜広域病院組合規約 自治大臣変更許可
山口昻一副医療監就任

5月31日

本館新築工事竣工

7月1日

本館引き渡し

9月30日

一般見学会に4500人来館(~10月1日)

10月21日

総合リハーサル(~10月22日)

11月1日

開院・入院患者移送

11月6日

外来診療開始

平成13年

4月2日

インターネットホームページの開設

平成14年

5月1日

「循環器科」の標榜(18診療科となる)

10月

4階東病棟耳鼻咽喉科処置室改造

平成15年

4月1日

医療連携室の設置(H22.4.1医療連携・相談室へ変更)

6月11日

SARS入院治療指定病院指定

10月30日

臨床研修指定病院(医師単独型)指定

11月

SARS対策仮設隔離棟整備

 

7階東病棟遮蔽間仕切工事

 

救命救急専用PHS設備工事

12月

登録医制度開始

平成16年

3月31日

坪井昭三医療監(兼)公立置賜総合病院院長退任

4月1日

山口昻一医療監(兼)公立置賜総合病院院長就任

7月

外来点滴治療室の設置

8月18日

臓器移植院内コーディネーター制度導入

10月

病棟再編

12月1日

へき地医療拠点病院指定(へき地中核病院制度廃止)

平成17年

3月

研修医室増設工事

4月

遠隔放射線治療計画システムの導入

8月1日

病院内禁煙の実施(精神科病棟を除く)

9月14日

臨床研修指定病院(医師協力型)指定

平成18年

1月18日

臨床研修指定病院(歯科医師単独型)指定

9月

災害派遣医療チーム(DMAT)配置

平成19年

1月31日

地域がん診療連携拠点病院指定

4月

相談支援センター設立

5月29日

防災ヘリ搬送連携合同訓練

7月1日

セカンドオピニオンの実施

7月16日

新潟県中越沖地震

 

県からの出動要請により被災地へ災害派遣医療チーム(DMAT)

 

医師1名、看護師3名、事務職員1名を派遣

10月

内視鏡システム更新

12月

災害派遣医療チーム(DMAT)を2班体制として配置

 

CT室増設工事完了

平成20年

1月2日

新医療情報システムへ切替え

3月31日

山口昻一医療監(兼)公立置賜総合病院院長退任

4月1日

新澤陽英医療監(兼)公立置賜総合病院院長就任

 

医療安全部の設置

 

2台目CT稼働(64列)

5月22日

防災ヘリ搬送連携合同訓練

6月14日

岩手・宮城内陸地震

 

県からの出動要請により被災地へ災害派遣医療チーム(DMAT)

 

医師2名、看護師3名、事務職員2名を派遣

7月

岩手沿岸北部地震による被災地へ災害派遣医療チーム(DMAT)

 

医師1名、看護師3名、事務職員1名を自主派遣

9月

高精細モニターの整備(フィルムレス化の推進)*以降1、3月にも順次整備

10月

がん化学療法調製室設置工事

 

病棟再編

 

医療クラークの導入

11月8日

山形県災害時医療救護訓練の実施

平成21年

4月1日

DPCへ移行

 

救命救急センター平日夜間協働診療の本格運用

5月27日

防災ヘリ搬送連携合同訓練

7月

カンファレンス室(読影可能)設置

9月

MRI装置の更新

10月

物流システム更新

平成22年

3月

眼科外来暗室増設

 

麻酔記録システム更新

 

集中管理室システム更新

4月1日

病院敷地内全面禁煙の実施

 

地域がん診療連携拠点病院指定更新

7月

ペーパーレスの実施(紙カルテ運用の原則中止)

10月

眼科に眼腫瘍センターを設置

11月5日

公立置賜総合病院開院10周年記念誌発行

11月23日

置賜広域病院組合開院10周年記念式典を開催

12月26日

病院機能評価ver.6.0の受審

平成23年

1月21日

エイズ治療拠点病院に指定

3月11日

東北地方太平洋沖地震発生

 

被災地へ災害派遣医療チーム(DMAT)派遣(2班)
南陽市及び長井市の避難所に日本赤十字救護班を派遣

3月29日

院内保育所開所式

4月1日

院内保育所開所

5月1日

「形成外科」を標榜(19診療科となる)

5月6日

病院機能評価ver.6.0認定

6月

ID-Link(OKI-net)運用開始

6月13日

防災ヘリ搬送連携合同訓練

7月1日

健康デジタルサイネージシステム運用開始

10月3日

心血管撮影装置の更新

11月12日

災害時医療救護訓練

11月21日

医療情報システム障害時訓練

12月19日

地域医療支援病院の承認

平成24年

3月27日

コードブルー訓練

3月28日

研修棟開所式

4月1日

「消化器内科」を標榜(20診療科となる)

4月2日

4列CTを320列CTに更新(64列CTと320列CTの2台となる)

5月1日

「消化器外科」を標榜(21診療科となる)

6月4日

放射線治療装置の更新・稼働

10月30日

置賜広域病院組合議会定例会(23年度決算、24年度補正予算等)

11月10日

災害時医療救護訓練

12月13日

ハートフィーリングコンサート12開催(さくらんぼ歌謡愛好会)

平成25年

2月8日

置賜広域病院組合議会定例会(24年度補正予算、25年度当初予算、改正条例の制定)

3月3日

公開講座第5回「置賜の明日の医療を考える」開催(会場:南陽市中央公民館えくぼプラザ)

3月31日

新澤陽英医療監(兼)総合病院院長退任

4月1日

渋間久医療監(兼)総合病院院長就任

4月

MRI装置を2台に増設

5月30日

置賜広域病院組合議会臨時会

8月3日

平成25年度第1回オープンホスピタル実施

10月26日

災害時医療救護訓練

10月31日

置賜広域病院組合議会定例会

11月9日

平成25年度第2回オープンホスピタル実施

11月27日

ハートフィーリングコンサート'13開催(金子俊郎さん、藤川明日香さん)

11月30日

公開講座第6回「置賜の明日の医療を考える」

12月21日

クリスマスコンサート開催(nuinui、エニワン、伝国座)

平成26年

2月12日

置賜広域病院組合議会定例会

4月1日

渋間久副管理者就任
「呼吸器外科」、「救急科」を標榜(23診療科となる)

4月頭腹部用血管撮影装置の更新
5月26日置賜広域病院組合議会臨時会(看護師等修学資金貸与条例)
7月30日管理者に白岩孝夫南陽市長就任
8月9日平成26年度第1回オープンホスピタル実施
10月18日災害時医療救護訓練
10月28日置賜広域病院組合議会定例会(25年度決算、26年度補正予算等)
12月25日置賜広域病院組合臨時会(一般職の職員の給与に関する条例等の一部改正の設定)

平成27年

1月1日新医療情報システムへ切り替え(第3世代基幹システム:NEC)
2月9日置賜広域病院組合議会定例会(26年度補正予算、27年度予算、権利の放棄等)
3月28日病棟再編(センター化構想、感染症隔離病床管理)
6月2日置賜広域病院組合臨時会(議長、副議長の選挙等)
8月8日「おきびょう夏フェス2015~15年目のありがとう~」の開催 
8月10日置賜広域病院組合議会臨時会(監査委員の選任)
10月30日置賜広域病院組合議会定例会(26年度決算、27年度補正予算)
11月17日管理者に原田俊二川西町長就任
11月27日公立置賜総合病院・サテライト医療施設開院15周年記念式典及び祝賀会を開催
12月10日病院機能評価3rdG:Ver1.1の受審(~12月11日)
12月21日ドトールコーヒーショップの公立置賜総合病院店のオープン

平成28年

2月8日置賜広域病院組合議会定例会(補正予算、28年度当初予算、条例改正(一般職給与等)、権利の放棄等)
3月4日病院機能評価3rdG:Ver1.1認定(認定機関:平成33年5月5日まで)
5月3日熊本地震に係る公立置賜総合病院救護班派遣(~5月8日)
7月7日夜間想定総合火災避難訓練の実施
7月31日「おきびょう夏フェス2016&救急フォーラム置賜2016~守ろう健康と命 広げよう地域の絆~」の開催
10月1日災害時医療救護訓練の実施
 置賜広域病院組合議会定例会(代表監査員交代)

平成29年

2月8日置賜広域病院組合議会定例会
3月28日置賜広域病院組合議会臨時会(地方公営企業法全部適用に伴う条例の改正、副議長の選挙等)
3月31日渋間久医療監(兼)総合病院院長退任
4月1日置賜広域病院企業団発足
 中山順子企業長就任
 林雅弘医療監(兼)総合病院院長就任

▲ページ先頭へ戻る

周辺地域の景観

 山形県は、東北地方でも南部の日本海側に位置します。公立置賜総合病院はその山形県の南地域の置賜(おきたま)盆地内にあります。 置賜地方は四方を吾妻、飯豊、朝日、蔵王連峰に囲まれ、典型的な盆地になっています。 春は残雪を背景にした江戸彼岸桜など、10数ヶ所の桜の名所が続く「置賜さくら回廊」、初夏から秋にかけては、つつじ公園、あやめ公園、バラ園、ゆり園、ダリヤ園など、それぞれの市町で「おきたま花巡りまつり」を展開し、まさに自然あふれるのどかな環境です。 また、冬は一面雪に覆われるモノトーンの世界で、全国屈指の広さとヴァリエーションを誇る蔵王スキー場、春まで楽しめる天元台や米沢スキー場など、ウィンタースポーツを楽しみたい人たちには大変嬉しい環境となっています。

 一方、今年はNHKの大河ドラマ「八重の桜」の主人公、新島八重は米沢市とのゆかりもあり、その米沢市を含めた3市5町で構成される置賜地区は、たくさんの観光スポットや温泉を有していて、特に山懐に湧きだす秘湯の露天風呂は、山水画の中で入浴している気分にさせてくれます。 また最上川(もがみがわ)の源流を有するこの地域は、「第1回美しい日本のむら景観コンテスト」で最高賞の農林水産大臣賞を受賞し、田園風景が日本一美しい町と称されています。

 当病院組合の構成団体である長井市、南陽市、川西町および飯豊町の代表的な景観を紹介いたします。

長井市

久保桜

kubozakura_s.jpg 国の天然記念物に指定されたエドヒガンの巨木で、樹齢は推定1200年と言われています(画像はライトアップされた久保桜です)。

あやめ公園

3.3haの園内に500種100万本を誇るあやめ公園には、見ごろの6月下旬から7月上旬にかけて、紫、青紫、藤色、白など様々なあやめが咲き乱れます。iris_s.jpg

丸大扇屋

marudai_s.jpg 最上川舟運で栄えた長井市の商家(呉服商)跡で、江戸時代から300年続いた町屋の姿を今に伝えています。平成15年に山形県の文化財に指定されました。

南陽市

菊まつり

 南陽の菊まつりは、全国から観光客が訪れる一大イベントで山形の秋の風物詩の一つになっています。菊まつりは、会場となっている双松公園に場面ごとに展示される菊人形と、会場内に開設される菊花展で構成されております。kikuningyou_s.jpg

南陽スカイパーク

skypark_s.jpg フライヤーの憩いの場ともなるログハウス=サーマルロッジにはベテランのインストラクターが常駐、機体のメンテナンスや適切なアドバイスが得られるほか、スクールも常時開設、シミレーションやタンデムフライトなど最新の技術で安全確実にフライト技術がマスターできます。

双松バラ園

 規模や数の多さを競うバラ園ではなく、訪れた方が気持ち良いと感じて頂けることを第一に考えています。手づくりのぬくもりを感じる、憩いのバラ園として市内外のみなさまをお待ちしております。rose_s.jpg

川西町

川西ダリヤ園

dahlia_s.jpg ダリヤ園には4ヘクタールに650種、約100,000本のダリアが8月から11月下旬にかけて咲き競います。あざやかな紅色の「宇宙」や「球宴」、愛らしいピンクの「プリンセスマサコ」「ムーンワルツ」などなど、各国のダリアが人々の目を楽しませてくれます。

プリンセスマサコ
dahlia_masako_s.jpg
川西産ダリア『はにかみ』
dahlia_hanikami_s.jpg

飯豊町

ユリ園

lily_s.jpg 東日本最大のユリ園は、7ha(東京ドーム約4個分以上)の広大な敷地に150品種約500,000本のユリが咲き競う美しい花園。花が見頃の6月から7月は、さくらんぼ狩りも大人気! 美しい田園風景とブナの森、温泉、季節の幸など、飯豊の自然があなたを待っています。
とてもかわいらしいゆり

 lily2_s.jpg

散居集落

 平成5年、「第1回美しい日本のむら景観コンテスト」最高賞の農林水産大臣賞、平成7年、「第10回農村アメニティコンクール」最優秀賞を受賞した飯豊町の田園散居集落景観です。sankyo_s.jpg